+e ㈱オーエスプラスe
プライバシーポリシーお問い合せ
home ホームシアター入門 製品案内 企業情報 お問い合せ
製品情報 説明書・図面 カタログ カタログ スクリーンの選び方 開発ストーリー 体験ギャラリー よくあるご質問
スクリーンの選び方
プロジェクタースクリーンはその種類を考える時に、光学的特性・機構などの面から、その多様さに驚くことでしょう。

その特性を知ることにより、目的にあったスクリーンを選ぶことができます。
スクリーンの後ろにプロジェクターを置いて投写させるリアタイプ(透過型)と、スクリーン前面から投写するフロントタイプ(フロント投写型)に大きく分けられます。
ここでは、ホームシアターで多く利用されるフロントタイプスクリーンについてご説明いたします。
■ スクリーン反射面の性質で分ける
-拡散型(ホワイト)-
-音響透過型(サウンドスクリーン)-
-回帰型(ビーズ)-
-反射型(パール)-
■ スクリーンを展開する機構で分ける
■ プロジェクターからの選択
■ 最後に
<生産終了スクリーン生地はこちら>
スクリーン反射面の性質で分ける
映画館などを含め、多くの場合にフロント投写型のスクリーンが選ばれます。
フロントタイプのスクリーンは、プロジェクターから受けた光を、鑑賞する者のところに反射して映像を映し出します。
我々の身近にあるものでスクリーンを考えて見ます。表面に艶があるものや、鏡・光沢のある金属板等はスクリーンとして機能しません。映像が映らずにプロジェクターのレンズが眩しく見えるだけです。
一方、画用紙や白い布、白っぽい壁、ホワイトボードなどは、無意識のうちにスクリーンの代用品として使用することがあります。私たちに白く見えるものは光を多く反射しており、スクリーンとしての特性を満たしていることになります。
スクリーンの光学的特性は、大きく次の3つに分けることが出来ます。
拡散型(ホワイト) 回帰型(ビーズ) 反射型(パール)
拡散型 回帰型 反射型
完全拡散に近い反射をします。 入射と同一方向に反射します。 入射方向に対し正反対に反射します。
TOP

拡散型(ホワイト)

【 ホワイト(WG) 】
入射光に対し全方向に拡散するので視野角が広く、部屋のどこからでも同一の映像を見る事ができる、最も使用されているスクリーンです。
ただし、有害光(※2)も同様に拡散するため、暗い部屋、プロジェクターの光出力に余裕がある事が要求されます。階調表現がナチュラルなので、映像表現が主体のコンテンツなどに特にお勧めします。
【 ピュアマット シリーズ 】
ピュアマットは、表と裏で織り方の異なるポリエステルの二重組織を同時に織り上げています。表面はランダムな編み方で、これがプロジェクターの規則正しい画素の干渉を防ぎ、モアレ(干渉縞)に強くナチュラルな映像再現を可能にしています。 

WF302 ピュアマットⅢ Cinema

4K対応

4K・8K時代のスクリーン「ピュアマットⅢ」が電動巻き取り可能へ進化

4K・8Kの高精細時代にふさわしい映写スクリーンとして誕生した「ピュアマットⅢ」は、4Kプロジェクターとの素晴らしいマッチングが高評価を受け、大変多くのホームシアターファンの支持を頂いております。
しかし、非常にデリケートな幕面であるため、張込スクリーンのみのご提供に限られていました。 そんな「ピュアマットⅢ」を進化させ、電動巻き取りを可能にしたものが「ピュアマットⅢ Cinema」です。

hivi2016冬hivi2016夏HiVi冬のベストバイ2015
VGP2017VGPS2016金賞HTGP2016

4K映像の「ディティールのフォーカス感を上げ、よりリアリティのある映像にする」ために、極細の糸で織り上げた微細な特殊二重織物である「ピュアマットⅢ」の基本構造は全く変えずに、巻き取りに耐えられる生地の強化を図りました。
「ピュアマットⅢ Cinema」は映像をムラなく均一に拡散し、奥行きのあるフォーカス感を実現し、ピュアマットシリーズのコンセプト「なにも足さない、なにも引かない映像再現」という、プロジェクターの個性をそのまま映し出す、癖の無い優れた特性をそのままに、拡散型ホワイトマットの理想値であるゲイン1.0も維持しています。
「ピュアマットⅢ Cinema」は、映画ファンに贈るホームシアター用スクリーンの集大成です。

■ 3°ゲイン1.0±1.0% ■ ハーフゲイン角60°以上


写真拡大

(20mm×20mm)
写真拡大

<WF302 ピュアマットⅢ Cinema 過去受賞歴>

HiVi冬のベストバイ2014HiVi夏のベストバイ2014VGP2016VGPS2015HTGP2015VGP2015VGPS2014VGPS2014企画賞
TOP

-音響透過型(サウンドスクリーン)-

サウンドスクリーンは、映画館で採用されているスクリーンです。スクリーンの背面にスピーカーを置き、幕面を透過して音が出る事を前提に開発される製品で、まさしく映像から音が出るという、音の定位感に優れた音響透過型スクリーンです。
【 サウンドマット 】
SOUNDMAT
拡散型の均一な画面と、高音域も優れた音響透過特性を両立

「サウンドマット」は、特殊繊維をニッティングと言う織り方で、非常に細かく編み上げた編み目の間から音を透過させるタイプのサウンドスクリーンです。そのため穴あけタイプのサウンドスクリーンに比べ、高音域にも優れた音響透過特性を持ちます。
また映像表現に関しても、通常は音の透過する網目からは光がすり抜け、スクリーン後部の壁やスピーカーからの反射光が再びスクリーンに回帰し、輝度ムラを生じる原因になりますが、特殊なバックコーティングを施す事により、光の回帰を遮断し映像面への影響を低減させています。
映像側の幕面は特殊な表面コーティングにより、視聴者の位置に係わらず均一で自然な映像再現をする拡散型の特性を持たせています。

WS102 サウンドマット

■ 5°ゲイン0.7±5% ■ ハーフゲイン角60°以上


WS103 サウンドマット(130型以上の大型用)

■ 5°ゲイン0.7±5% ■ ハーフゲイン角60°以上

WS102、WS103の音響透過特性
音響透過特性
TOP

回帰型(ビーズ)

道路標識の光学的特性がこのタイプのスクリーンです。光が投写された方向に反射光を戻します。自分の車のヘッドライトで、ドライバーが標識を見やすいのはそのためです。道路標識と同じように光を戻す性質(回帰性)を作ったスクリーンです。光が収束されるため、スクリーンゲイン(※1)は1.5~3と明るくなります。
プロジェクターの近辺で映像を鑑賞することが、このスクリーンの性能を生かした使い方になります。しかしプロジェクター光軸から左右に20~30°の角度を越えてからは、拡散型よりも暗くなることに注意してください。
製造工程で、ミクロン単位の細かなビーズを使用することからこの名があります。このスクリーンのもう一つの利点として、迷光(※2)も同様に、光の来た方向に帰すため、映像に対する視聴者への影響が少なくなることです。

BU202 ウルトラビーズ・プレミアムグレー

リビングシアター・3Dに最適なスクリーン

わずか20ミクロンの極小光学ビーズを使用しているために、幕面の風合いはホワイトスクリーンの様でありながら、グレー顔料のウレタン層が、黒い影などのアンダー部を締め映像にメリハリを与えます。
ビーズの持つ迷光(※2)に対する強さも兼ね備え、完全な暗室が作れず映像が迷光の影響を受けるリビングシアターや、明るい会議室などの場合にも、しっかりとした画像を映し出します。
VGP2017
VGPS2016VGP2016
VGPS2015VGP2015
■ 5°ゲイン1.5±10% ■ ハーフゲイン角16°±5% ◎ 防炎品

TOP

反射型(パール)

曇った鏡をスクリーンに見立てれば、このタイプになります。鏡に光が反射するのと同様に投写された光の方向と逆側に反射するので反射型と言います。パールと言われるのは、幕面に印刷されるパール顔料の名前から取られました。プロジェクターと鑑賞者が入射角側と反射角側の関係にある場合には、このスクリーンの選択が有効となります。しかし平面性の維持の難しさや、プロジェクターの性能の向上により、近年はほとんど選ばれるシーンがなくなってきました。

その他のスクリーン

シルバースクリーン SD
反射型の範疇に入るスクリーンですが、スクリーンゲイン(最下段※1)が3以上と大きなゲインを持ち、視野角が極端に狭いため、現在は主に3D用のスクリーンとして利用されます。3D映像の右目用、左目用の2台のプロジェクターの偏光状態を維持するのに適したスクリーンです。
ハイゲインスクリーン SA
反射型のスクリーンです。アルミ表面に特殊ラミネートをかけた、板張りのスクリーンです。輝度の低いポケットプロジェクターの映像でもしっかりと表現します。

以上、幾つかのタイプに分けて説明しましたが、スクリーンが利用される映写環境・条件によってタイプを選択決定しましょう。オーエスのスクリーン生地は、拡散型だけでも7種を用意し、スクリーンの大きさ・予算・映し出す映像などにより、より良いスクリーン生地が選べるように工夫を重ねています。
※1 スクリーンゲイン:特定の鑑賞方向に対する明るさ、反射特性です。標準白板と呼ばれる完全拡散板(酸化マグネシウムを焼き付けた純白板)に光を当てたときの輝度を1とした場合の、同一条件下でのスクリーン生地の輝度を測定したものです。
※2 有害光(迷光):スクリーンに当たる映像以外の光。窓の外からの外光、照明の光、テレビの光など。有害光の中でも、スクリーンから跳ね返った映像の光が家具やスピーカーなどに反射し、再びスクリーンに戻って来る光を迷光と言って別に表現する場合もあります。
TOP
スクリーンを展開する機構で分ける

上巻きタイプ

小型スクリーンの代名詞的な存在です。
天井や壁上部に本体を固定し、使用するときに引き下げて使うタイプです。
選択のポイントはスクリーンの引き下げがスムーズで、停止が確実なものを選びましょう。
収納時のショックを和らげる機構などもあります。スクリーン面は上部両端からV字の皺が生じないもの、長い間の使用に対しても皺や弛みが生じないものを選びましょう。電動タイプの選択もあります。

下巻きタイプ

3脚スタンド式、スクリーンケース床置きタイプなどがあります。
選択のポイントとして設置の安定性が重要です。使用時にスタンド部分が邪魔にならないかを判断の基準にしましょう。また、スクリーン上部両端からV字、中央部からハの字の皺が発生しないものを選びましょう。

張込みタイプ

スクリーンシートの周囲を紐やスプリングで外周枠に引っ張って平面を形成した機構です。可搬性や収納性は劣りますが、常に平面を維持できます。特に反射タイプの平面性維持とスクリーンを傾けることで、その性能を最大限に引き出します。この張り込みタイプの平面性は各種スクリーンに応用でき、リファレンス・スクリーンとして勧められます。

スクリーンの機構について
<ボールストップ&ソフトワインド機構>
オーエススクリーンの上巻きスプリングローラータイプには、小型から大型までボールストップとソフトワインド装置が標準装備されています(一部製品を除く)
ボールストップ機構
ボールストップ機構
ソフトワインド機構
ソフトワインド機構

軽く引下げるだけですぐにロックがけられ解除もスムーズです。ただし、目一杯引下げてしまうと、ロックが解除できない場合がありますので、ストップシール以上には生地を引き下げないでください。

 

電動式スクリーンのようにゆっくり巻上がり、静かに収納。衝撃による損傷の心配がありません。

 

ボールストップ機構 ソフトワインド機構
(左:大型スクリーン用。右:小型スクリーン用) (左:大型スクリーン用。右:小型スクリーン用)
TOP
プロジェクターからの選択
最近の液晶プロジェクター、DLPプロジェクターなどは、光量が豊かで十分な明るさを持っています。よほど明るい環境で文字や図形の認識を必要とする以外は、ゲインの高いスクリーンを必要としなくなったと考えてよいでしょう。
3管式プロジェクターの表現能力を最大限生かすためには素直な反射特性が重要と考えます。そのためには遮光や二次反射を押さえたカーテン、壁、調度の専用ルームでの映写が必要でしょう。スクリーンゲインが低くても、視野角の広いホワイトマットが有効な選択でしょう。
ビーズ、シルバー、パール系のスクリーンにおいては、カラーシフトの発生や周辺光量が落ちやすい(PJの焦点距離が短い場合には顕著に出やすい)ので注意しましょう。これらの問題の発生はスクリーンのゲインと相反し、より低いゲインのスクリーン選択は問題の解決につながります。
最後に
『スクリーンの賢い選び方』のまとめとして、最近のプロジェクターの大光量化、短焦点化を考えると、各タイプのゲインの低いものを考えるか、ホワイトマットを選択することがよいでしょう。
映像の明るさが必要な場合にプロジェクターの光量を増すことは、予算的にも大変なことです。しかし、スクリーンサイズを一回り小さいもの(100インチを80インチサイズ)を選択すれば、明るさは2倍近く確保されます。明るさは面積に反比例して映像を大きく映すことで減少します。画面サイズと明るさのバランスを確認して利用環境下での映像効果の高いものを選択しましょう。
良い映像を得るためには設置後の映写環境のチューニングが一番重要であり、スクリーンの特性を生かすも殺すも映写環境作りです。使われるスクリーンの特性を理解し、そのスクリーンを生かす環境を設定することで素晴らしい映像をお楽しみください。
TOP
いいホームスタイル.com