+e 65周年 ㈱オーエスプラスe
プライバシーポリシーお問い合せ
home ホームシアター入門 製品案内 ショールーム 全国特約店 全国展示店 企業情報 お問い合せ
新着情報 イベント情報 プレスリリース
イベント情報
HDR適合スクリーン “レイロドール(HF102)” が、
「HiViベストバイ2018冬」第1位獲得し、
「HiViグランプリ2018(ペリフェラル部門)」を受賞いたしました!!
HF102 HiVi グランプリ 2017
ペリフェラル部門
受賞
HiVi グランプリ 2017
 ペリフェラル部門
レイロドール HF102
人間の瞳の持つ「階調を識別する能力」にできるだけ近づける。それがHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)技術。「レイロドール(生地型式HF102)」は、従来の拡散型ピュアマットⅢ Cinemaの10倍のコントラスト比を実現、しかもホットスポットを抑え、拡散型に加え、反射型と回帰型の特性も備えた、HDR対応プロジェクターに適合する第4の幕面、広階調型HDRスクリーンです。
製品詳細

 
HF102 HiVi 冬のベストバイ 2017
サブカテゴリー/スクリーン
第1位
HiVi2017冬
レイロドール HF102
人間の瞳の持つ「階調を識別する能力」にできるだけ近づける。それがHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)技術。「レイロドール(生地型式HF102)」は、従来の拡散型ピュアマットⅢ Cinemaの10倍のコントラスト比を実現、しかもホットスポットを抑え、拡散型に加え、反射型と回帰型の特性も備えた、HDR対応プロジェクターに適合する第4の幕面、広階調型HDRスクリーンです。
製品詳細

WF302 HiVi 冬のベストバイ 2017
サブカテゴリー/スクリーン
受賞
ピュアマットⅢ Cinema WF302
4K映像に対応させる、「ディティールのフォーカス感を上げ、よりリアリティのある映像」を実現するために、極細の糸で織り上げた微細な特殊二重織物の基本構造を採用。
映像をムラなく均一に拡散させ、ピュアマットシリーズのコンセプト「なにも足さない、なにも引かない映像再現」という特性はそのまま継承、プロジェクターの個性をそのまま映し出します。
拡散型ホワイトマットの理想値であるゲイン1.0も維持し、映画ファンに贈る、ホームシアター用スクリーンの集大成です。
製品詳細

UHD65 HiVi 冬のベストバイ 2017
プロジェクター部門Ⅰ(50万円未満)
受賞
Optoma UHD65
DLPシングルチップで圧倒的な画像再現。
DLPを構成するDMD(デジタル・ミラー・デバイス)は、一秒間に9000回以上の高速スイッチングが可能で、フレーム毎に2個の分離したピクセルをスクリーン上に投写し、4K UHDの解像度を提供します。DMDは縦・横ともフルHDの2倍、約415万枚のミラーを実装したDMDで830万ピクセルの画像を投写し、8.3MPの4K画像を投写します。
4K UHDの今までにない新しい世界は、あなたを映像の世界に没頭させるような深い感動を生み出してくれます。
製品詳細

WF302 HiVi 夏のベストバイ 2017
サブカテゴリー/スクリーン
第1位
HiVi2017夏
ピュアマットⅢ Cinema WF302
4K映像に対応させる、「ディティールのフォーカス感を上げ、よりリアリティのある映像」を実現するために、極細の糸で織り上げた微細な特殊二重織物の基本構造を採用。
映像をムラなく均一に拡散させ、ピュアマットシリーズのコンセプト「なにも足さない、なにも引かない映像再現」という特性はそのまま継承、プロジェクターの個性をそのまま映し出します。
拡散型ホワイトマットの理想値であるゲイン1.0も維持し、映画ファンに贈る、ホームシアター用スクリーンの集大成です。
製品詳細
 

■ 2016年「ピュアマットⅢ Cinema WF302」が、夏・冬のベストバイを連覇。受賞結果はコチラ
■ STEREO SOUNDが運営するオーディオ・ビジュアルの情報ポータル「Stereo Sound ONLINE」はコチラ


製品に関するお問合せは、こちらの「お問い合せページ」よりお願いします。

株式会社オーエス プラスe 〒120-0005 東京都足立区綾瀬3-25-18 オーエス東京ビル
TOP

アウンノオンライン