GSR-110B

いいホームスタイル.com
HOME > FWAVE 太陽電池
FWAVEの特性

 FWAVE太陽電池の発電特性について

オーエスのソーラーシートは、信頼の国産、FWAVE株式会社のアモルファスシート「FWAVE」を採用しています。
FWAVE太陽電池とは、結晶系には無い特長を持つ、次世代の太陽電池です。
大きな特長には「安定した発電効率」「優れた耐久性」「フレキシブル性(しなやかさ・曲げやすさ)」が上げられます。

FAVE
 安定した発電効率
結晶系太陽電池ではパネルが高温になると発電効率が低下しますが、FWAVE太陽電池は夏場や高温の地域でも安定した発電が可能です。
また、弱い光でも効率良く発電するため、朝や夕方、曇りの日でも、結晶系太陽電池ほどの発電効率の低下がありません。
そのため、年間を通しての累積発電量は、結晶系太陽電池よりも約10%多くなります。
【安定した発電効率を示すデータ はコチラ】
 発電量の季節変動年間累積発電量温度(気温)に関して照度(朝・夕・曇天)に関して
 優れた耐久性
特に高温・高湿の環境下でその力を顕著に発揮します。
フッ素系の保護層とポリエチレン系の封止材で構成されたモジュールは、 温度85℃・湿度85%の評価環境においても、10000時間以上その性能を維持します。また、ガラスを使わないFWAVE太陽電池は、振動・衝撃に強く、飛び石でも割れることがありません。
 フレキシブル性(しなやかさ・曲げやすさ)
FWAVE太陽電池は巻物のように丸める事ができるほど柔らかく、軽量でフレキシブル性に富んでいるため、結晶系では実現できない商品が可能になります。

 安定した発電効率を示すデータ
 発電量の季節変動
FWAVE太陽電池は、夏季に特に良く発電します。発電量の季節変動
 年間累積発電量
FWAVE太陽電池は、結晶系太陽電池に比べて年間約10%多く発電します。
※グラフは2001年1月~2003年12月に横須賀市にて測定した、年間平均発電量を示したものです。 年間累積発電量
    1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
累積
(Wh/Wp)
FWAVE(アモルファス) 130 235 392 515 645 770 910 1045 1175 1300 1400 1510
結晶系 110 205 360 470 580 680 805 920 1020 1140 1230 1330
単月
(Wh/Wp)
FWAVE(アモルファス)
130 105 157 123 130 125 140 135 130 125 100 110
結晶系 110 95 155 110 110 100 125 115 100 120 90 100
 温度(気温)に関して
FWAVE太陽電池は、アニール効果などにより、夏場や高温地域でも発電効率が高く安定しています。
高温になっても、結晶系ほどの効率低下がありません。 温度(気温)に関して
 照度(朝・夕・曇天)に関して
FWAVE太陽電池は、弱い光でも効率良く発電できます。朝や夕方、曇りの日でも、比較的多く発電できます。
内部抵抗などの関係により、低照度でも効率がさほど低下しないという現象が発生します。照度(朝・夕・曇天)に関して
ページTOPへ
いいホームスタイル.com