このページはHOMEの中の 製品情報の中のスタンドの中のディスプレイスタンドの中のDS-80ver2 です。

DS-80ver2薄型ディスプレイスタンド

DS-80ver2
画像拡大

※一番右の写真はオプション搭載イメージです。
 (オプションはこちら

優れた安全性!!震度6程度の地震まで自立!!
コストパフォーマンスを追及するとともに安全性と使いやすさにを配慮。 様々な用途に合わせた豊富なオプションもご用意。

主な特徴

学校ICT環境整備事業で圧倒的な支持を受けた、薄型ディスプレイスタンド

  • ユニバーサル金具採用で、37~60型が搭載可能。(最大搭載質量45kg)
    ディスプレイの大きさが確定していない段階でも、ディスプレイの後付けに対応します。
  • 4段階のディスプレイチルト機構と、3段階の高さ調節が可能で、お使いになる環境や目的、視聴する対象者などの年齢・状況などに合わせて、最適なディスプレイの位置を得ることができます。また、画面への邪魔な映り込みを防ぐことにも有効です。
    チルト機構標準装備で、ディスプレイ角度を4段階に調節可能。 ディスプレイの高さ調節機構(3段階)を標準装備。
  • 棚板はこのクラスでは最大級の810mmのワイド棚を採用。DVDプレイヤー、チューナーなどのAV機器を横に並べて置くことも可能です。
  • 棚板の高さが3段階調節可能で、お好みの高さで利用できます。

    ※棚板は1枚標準装備。3枚まで取付可能。(追加用棚板はオプションとなります。)

    棚板の高さを3段階に調節可能。また、3枚まで同時取り付けが可能。

ページトップへ

優れた安全性

  • 転倒角度:20.0度以上※(一般的な家電標準は15°)
  • 転倒荷重:30.2kgf※(大人が壁を押す力の目安280N(28.5kg)をクリアー)
  • 耐震性357gal以上※(震度6程度の地震まで自立)

    ※ディスプレイ質量45㎏、ディスプレイ中心高さ約1415㎜、棚板上搭載物なし、棚板高さ900㎜、チルト0°の場合。

    大人がぶら下がっても大丈夫 拡大
  • 車輪回転止めと、車軸回転止めのダブルストッパー機構を備えた100Øのキャスターを採用。据え置き時、移動時の高い安定性を確保。
  • 宴会場などの毛足の長い絨毯、部屋間の段差のある敷居・エレベーター乗降時の段差も楽に移動可能。
    1回の動作で、車軸と車輪を同時ロック
  • 棚板幅と脚部幅のサイズをそろえ、生徒のつまずきの危険性を低減。
  • RoHS(ロース指令)対応(RoHS指令への取り組み
  • グリーン購入法適合製品 品目:オフィス家具等 > 棚(環境物品等の調達の推進に関する基本方針
  • 機能重量の基準を満たしている(棚板重量 4.68kg ÷ 棚耐荷重 50kg = 0.0936 < 0.1)
  • 単一素材分解可能率が85%以上 (単一素材まで分解可能な部品数 24/製品部品数 28 × 100 = 85.7% > 85%)
  • 評価基準に示された環境配慮設計がなされている
    目的 評価項目 評価基準 結果
    リデュース配慮設計 原材料の使用削減 原材料の使用量の削減をしていること。 ○
    軽量化・減量化 部品・部材の軽量化・減量化をしていること。 ○
    リサイクル配慮設計 再生可能材料の使用 再生可能な材料を使用していること。 ○
    再生可能材料部品の分離・分解の容易化 再生可能な材料を使用している部分は部品ごとに簡易に分離・分解できる接合方法であること。 ○
    その他の部品は容易に取り外しができること。 ○
    再生資源としての利用 合成樹脂部分の材料表示を図っていること。 ○
    材質ごとに分別できる工夫を図っていること。 ○

ページトップへ

DS-80ver2

型式 DS-80ver2
シルバー(アクリル樹脂塗装)
外形寸法 W850×D850×H1630mm(アタッチメント含む)
製品質量 約38.0kg
棚板サイズ W810×D400mm(標準装備×1枚)
対応ディスプレイサイズ 37~60型(ユニバーサルアタッチメント)
搭載質量 ディスプレイ取付部:45kg以下/棚板部:10kg以下
ディスプレイ取り付け高さ 取付金具上端が、1430mm・1530mm・1630mm(P=100、3段階調整)
チルト機構 角度調整可能(0°、5°、10°、15°)
固定金具 M4、M5、M6、M8の各取付ネジを同梱
棚板取り付け高さ 高さ3段階調整(500・700・900、P=200)、最大棚板取付枚数3枚
配線孔 背板にケーブル通線部開口
キャスター 100Øダブルストッパー機構(車輪回転止め/車軸回転止め)
転倒防止 低重心設計
転倒角度 20.0°以上(ディスプレイ搭載時)
転倒荷重 水平最大296N(30.2㎏f)(重心位置)
耐震性 水平最大357gal
図面ダウンロード CAD PDFダウンロード

※ 一部対応できないディスプレイがあります。
※ 車軸は360°中8ポジションで固定可能です。
※ ディスプレイ質量45㎏、ディスプレイ中心高さ約1415㎜、棚板上搭載物なし、棚板高さ900㎜、チルト0°の場合。
※ ディスプレイを最下段に取り付ける際は、棚板を最上段に取り付けないで下さい。
※ 本仕様は変更になる可能性があります。

ページトップへ

豊富なオプション群

安全性を高めるオプション(オプションページはコチラ

  • 転倒防止ワイヤー(DS-02P):壁などに固定し、地震などの際に万一の一瞬の急激な揺れに対応。
  • 脚部保護カバー(DS-03P): 児童の転倒時の接触による怪我を防止する、脚部全体を覆うカバー。(AVキャビネット取付時にはご使用になれません。コーナー保護カバーをお使いください)

使いやすさを追求したオプション(オプションページはコチラ

  • AVキャビネット(DS-04P):AV機器の収納にご利用ください。取付後ズレ防止の脚部固定ができ、配線には本体の配線孔をそのまま利用できます。扉は270°開口するため機器の出し入れが容易です。安心のコーナー保護カバー(ペア)付き。
    扉は、270°閉口しAV機器等の出し入れが楽に行えます。
  • 棚板(DS-05P):棚板を増やしたい場合に、合計3枚まで増設可能。(AVキャビネット取付時には、設置可能な棚板は1枚です)
  • 移動用ハンドル(DS-06P):移動に便利なハンドル。本体幅いっぱいのワイド設計。
  • コード巻き取り金具(DS-07P):余ったケーブルや予備ケーブルの収納に便利。
  • コーナー保護カバー(DS-09P):鋭角な部分の安全対策としてご用意(ペア)。脚部の角などにご利用ください。
  • カメラスタンド(DS-11P):ビデオ会議用カメラはもちろん、ハンディカメラも固定可能。多くのケーブルを支柱に収納でき、三段階の高さ調節付きカメラスタンド。

ページトップへ