スクリーンリサーチ
home 製品情報 システム構造 プレス ショップ お問合せ
 SYSTEM - TFX フローティング・タブテンションシステム -

シワの発生しないフラットなスクリーン
年月が経過しても、スクリーンのゆがみが発生しない
均一にウエイトをかける構造で、ローラーアセンブリーの変形が生じない
側面のテンションが可変でき、サイズに関係なく生地の弾力性を保つ

タブテンションは、スクリーンを正しく下ろし歪ませない事が目的で、垂直と横方向にスクリーン生地を引っ張り平面性を確保します。
そのため、通常はスクリーンの下部におもりを付け、そのおもりとスクリーン両サイドをケーブルで止めるやり方をします。これにより、垂直の力の一部を側部の力に変え、スクリーンの両方向にテンションをかけます。

しかし、この方法では十分ではありません。スクリーンサイズが大きくなったり、生地が硬くなれば、側部への力を得るために更に大きなおもりが必要となり、構造バランスが不安定となりローラーアセンブリーを破損しかねません。

それらを解消するため、「Screen Research」のTFXフローティング・タブテンションシステムは二つのおもりを利用します。一つのおもりの内部にもう一つのおもりが入った構造で、一つは垂直方向へ、もう一つは横方向へテンションをかける機能を果たします。
稼動の際は、二つのおもりが一つのユニットとして動くため安全で、かつ重さの効率がよくローラーへのダメージを防ぐ最適な構造になっています。
二重のおもりが垂直と横方向への力を個別に維持 おもりは一つのユニットで稼動

スクリーンリサーチ 株式会社 オーエス株式会社 オーエスプラスe スクリーンリサーチ
スクリーンリサーチ