このページはHOMEの中の 製品情報の中のハンガーの中のディスプレイハンガーの中のDH-470 です。

DH-470薄型ディスプレイハンガー

安全に、簡単に!縦付け・横付けが背中合わせに設置できる最大搭載質量80Kg(2面)の薄型ディスプレイハンガー

主な特長

  • 一本のパイプ(別売)で2枚のディスプレイを設置可能。
  • 背中合わせのV字2面設置タイプ。
  • 設置後にハンガー本体を360°回転可能。
  • 本体が2ユニット構成のため、本体設置工事と、ディスプレイ取り付けの作業を個別に行うことが可能。
  • 本体設置後のユニットに、ディスプレイ取り付け側ユニットを引掛ける簡単取付。
    DH-470 簡単取付
  • 本体内にダブルコンセント装備可能。(コンセントは付属品)
    DH-470 コンセント
  • 豊富なパイプセット(別売)で、天井高に応じた設置が容易。
  • 振れ止め強化キット(別売)を使用し、安全面も強化。
  • パイプ内にケーブル類を収納し、外観にも配慮。パイプ内通線図
  • 従来品DH-460(ディスプレイ1枚用)とパイプセットが供用のため、交換設置が容易。

ページトップへ

ディスプレイハンガー設置例

ディスプレイハンガー設置例

ページトップへ

DH-470 主な仕様

商品型式 DH-470 付属品 ・ねじセット(ディスプレイ取付用)
 十字穴付六角アプセットボルト:各6
 (M4×40、M5×40、M6×40、M6×50、M8×70)
  スプリングワッシャー付きナット:各6
  (M4、M5、M6、M8)
 補助板:各6(M4、M5、M6に対応)
 平座金(呼び径8):6
 スペーサー(φ21×12 孔φ8):8
・ダブルコンセント 15A・125V:1
・組立用ねじセット:1
・天井化粧アダプターセット:1
・六角レンチ(M6用):1
・六角レンチ(M8用):1
JANコード 4942465023278
ディスプレイ設置形態 両面
ディスプレイ取付金具長さ 500
横パイプ長さ 500
対応ディスプレイサイズ 40~50型(縦設置)
40~65型(横設置)
最大搭載質量 80kg
(40kg/1台)
傾斜角度 3段階
(0°、10°、20°)※1
高さ調整 取り付け金具側にてセンターより
±100(100ピッチ)
オプション アジャストパイプ DH-20P
パイプセット TH-PA***S(K)
振れ止め強化キット FK-01/02
ディスプレイ取付仕様 ユニバーサル金具
W=200~400
H=200~400
本体質量 15.0kg 備考 RoHS対応品
主材質 SPHC、SPCC、STKM、SS400(ねじ類) 図面ダウンロード DXF JWW
塗装色 日塗工N-30相当ブラック色 DWG PDF

※1 縦設置の場合は、取り付ける機種によっては20°傾斜出来ない場合があります。

ページトップへ

ハンガーセット オプション

ディスプレイハンガーとパイプセット(右写真)を予め組み合せた、ハンガーセットもご用意しております。
ご注文の際には「ハンガーセット型式」と「セット記号」をご指定ください。(パイプセット単品の詳細情報はこちら

※組合せ寸法が1601mm以上の場合は、
 長尺パイプ用スラブ取付セット(DH-31A)長尺パイプ(特注TH-PA/PAK) の組合せで特注対応いたします。
※ディスプレイハンガーセットはブラックのみをご用意しておりますが、アイボリーをご要望の場合はご相談ください。

TH-PASK

パイプ長さイメージ比較(最短で組んだ場合)

パイプ長さイメージ比較

ハンガー設置のポイント

ハンガーの取付けに当たっては、パイプ長に従い正しい取付方法を必ず確認してください。

規格品パイプセット(組合せ寸法:450~1600mm) 特注対応(組合せ寸法:1601~3000mm)
ボルト1本止め ボルト2本止め+振止強化キット
ボルト1本止めで強度を確保できます。 必ず振止強化キットを使用ください。
さらに、最上穴と最下穴へのボルト2本止めが必要です。

ページトップへ

DH-20P(アジャストパイプ) オプション

ブラウン管テレビから液晶など薄型ディスプレイへの交換をお考えの方は、既存のパイプを生かし、短工期・省コストを実現したアジャストパイプDH-20Pをご利用下さい。(DH-20P 製品情報はこちら

薄型ディスプレイは後部にハンガーの接続金具を取付けるため、CRTからの変更時に既設のハンガーパイプを利用すると、ディスプレイが天井に当たり取付け出来なかったり、取付けが出来ても画面センターがズレて見づらくなる可能性があります。
そのような場合、従来は天井内スラブからパイプ工事を行う必要がありましたが、DH-20Pを利用することにより天井内工事をせず簡単に取り付けることが可能となりました。

ページトップへ