このページはHOMEの中の 製品情報の中のクリーンエネルギーの中のバッテリーの中の移動電源 GB-1000C-AC02 です。

移動電源 GB-1000C-AC02※受注生産

独自の技術でケースにバッテリーを内蔵。
耐震設計を施すことにより衝撃にも強く、雨の中でも使用できる移動式電源です。
燃料式発電機と異なり排気ガスやエンジン音がありません。
監視カメラ・ 移動サイネージ・移動Wi-Fi・モニタリングポスト・工事用電源装置、もちろん災害時公助用の緊急電源として、被災地でも場所を選ばす活用が可能な、発火の危険性も低い安全なバッテリーボックスです。

※長年ご愛顧いただいたGB-1000C-AC01の後継機として今後とも相変わらぬお引き立てを賜りますよう心よりお願い申し上げます。

用途例

移動電源はIP45に準拠しており、屋外の様々なシーンでの用途が見込まれます。

移動電源用途例
スマートフォン充電スタンド
スマホ充電器(10口)を接続することにより、複数のスマホを一斉に高速充電することができます。
移動電源用途例
降雨時の照明機器
雨の中やほこりの多い過酷な環境下で照明機器などの電気製品を使用することができます。
移動電源用途例
バルーン投光器
ガソリン発電機を移動電源に置き替えるだけで、排ガスの出ない静粛なミニバルーンとして活用できます。

ページトップへ

主な特長

1.0kWhの大容量で現場対応するAC出力タイプ。

  • 蓋を閉めたまま、急速充電やハイレート放電が可能な防水バッテリーボックス。
  • PELICAN1430小型ボディに、1.0kWhのバッテリーパックを搭載し、500W/AC100Vの出力性能。
  • 過酷な環境での使用に耐えるIP45準拠※の防水性能。
  • 2,000回以上の充放電サイクル寿命と、爆発、引火の恐れがない安全なバッテリー、セル型式(IP1001)。
  • 電池残量を確認できる電池残量表示機能付き。
  • 電気機器の過電流を遮断する防水ブレーカー付き。
  • ソーラーシートからの充電が可能。

※直径1mmの針金形状のものが入らない。いかなる方向からの水の直接噴流に対して影響を受けない。

※バッテリーの航空機内の持ち込みは、各国・各航空会社にお問い合せください。

ページトップへ

移動電源の使用目安

移動電源の使用目安

※各製品が満充電の際の使用目安です。※製品の使用電力はあくまで目安であり、実際に使用する機器により異なります。

ページトップへ

移動電源の充電に最適なソーラーシート

最適なソーラーシート GA-7226F01-4(72W×4連シート、出力288W)
ソーラーシートはカスタマイズ可能です。使用条件、環境に合わせ、オーダーメイドを承ります。
長時間に及ぶ災害時には、多様な場所でのソーラー充電を可能にします。

ソーラーシート
ソーラーシート

ページトップへ

より大きな容量の移動電源

バッテリー容量2560WhのGB-2500C-AC01がございます。
詳しくはGB-2500C-AC01の詳細ページをご確認ください。

GB-2500C-AC01

ページトップへ

移動電源 GB-1000C-AC02 主な仕様

商品名 どこでも蓄電 移動電源リチウムイオンバッテリー
商品型式 GB-1000C-AC02
JANコード 4942465024497
主材質 樹脂(防水ケース・吸排気口)
外装色 オレンジ(防水ケース)・ホワイト(吸排気口)
バッテリー種類 リン酸鉄リチウムイオンバッテリー(IP1001)
バッテリー容量 1024Wh(40Ah x 25.6V)
充電電圧 AC100V(専用充電器)/ DC24V(ソーラーシート)
公称出力 500W(AC100V、50Hz、正弦波)
最大瞬間出力 1000W(AC100V)
充電時間 *1 約4時間(90%)/AC100V(専用充電器)
約8時間(80%)/288Wソーラーシート
使用可能時間 *2 約8時間/100W
外形寸法 W430×D244×H341 mm(本体)/ W180×D222×H90 mm(専用充電器)
製品質量 約18kg(本体)/ 約3kg(専用充電器)
梱包寸法 W455×D270×H370 mm(本体)/ W360×D290×H160 mm(専用充電器)
製品質量 約22kg(本体)/ 約4kg(専用充電器)
使用温度 *3 0℃~+45℃
使用湿度 *3 85%RH以下(結露しないこと)
防水性能 *4 IP45
標準付属品 専用充電器(ケーブル類一式)x1、防水専用ロックキャッププラグx1
図面ダウンロード CADダウンロード  CAD 

*1 ソーラーシートの発電効率は日照条件によって変化するため、上記数値を保証するものではありません。
*2 参考値であり保証値ではありません。
*3 使用条件、保管条件を超える環境では本体が著しく劣化し、故障に至る可能性があります。
*4 各コネクタの蓋がしっかりと閉まった状態でのみ、防水性能が保たれます。
本体が濡れた状態では、使用しないでください。
ご使用前には必ず布等で水分を拭き取るか、本体を乾燥させてからご使用ください。

ページトップへ