このページはHOMEの中の 製品情報の中のスクリーンの中のスクリーン生地についての中の生産終了品の中のリアスクリーン です。

リアスクリーン(透過・生産終了品)

RT504 インフォショット(生産終了品)

両面視認を可能にした透過型スクリーン。

RT504
■ 5°ゲイン0.23±10% ■ハーフゲイン角60°以上

ページトップへ

RH303 シネコートスクリーン(生産終了品)

アクリル樹脂表面に拡散粒子をコーティングした均一性に優れたスクリーンです。 映写状況に合わせてコーティングを選択出来ます。

「RH303 シネコートスクリーン」製品ページ 参照

RH303

RH303は平滑性の高いアクリル系の基材に拡散樹脂を均一に塗布した構造で、すぐれた光学特性と耐久性を発揮します。

映写室の奥行きの関係で、超短焦点レンズを用い、短いライトパスでミラー反転投写する場合、ミラー配置によっては、スクリーンの反射光がミラーに再反射してふたたびスクリーンの別の場所に像を結ぶゴーストのような現象が発生することがあります。
このようなケースが見込まれる場合は「ノングレア」タイプを選択します。このノングレアタイプでは、スクリーンの両面に加工が施されることになります。ノングレア加工をしたスクリーンは左図のように、拡散樹脂コーティング面をプロジェクター側に配置して取り付けます。
いずれの場合も、視聴者側の照明がスクリーンに映り込まないないようにすることで、コントラストの効いた画像を得ることができます。

ピークゲイン 1.3(シネ13)/2.5(シネ25)
水平垂直1/2輝度角 ±36°(シネ13)/±23°(シネ25)
水平実用視野角 90°
透過率 49%(シネ13)/62%(シネ25)
材質 PMMA(アクリル)

ページトップへ