このページはHOMEの中の 会社案内の中の社会・文化活動支援の中のNPO法人「CATiC」は、プロジェクト活動「カンボジアに映画館を作ろう!」の名称を変更、「World Theater Project」として始動 です。

NPO法人「CATiC」は、プロジェクト活動「カンボジアに映画館を作ろう!」の名称を変更、「World Theater Project」として始動

オーエスグループが応援しているNPO法人「CATiC」は、活動しているプロジェクト名「カンボジアに映画館を作ろう!」を、「World Theater Project」に変更して新たに始動。2016年の活動にさらに力を入れます。

World Theater Project

CATiC と オーエス の出会い

2014年、非営利団体「CATiC」よりオーエスに、スクリーンに関する問い合わせがありました。その説明の機会が初めての出会いでした。
お話しする中で、「カンボジアに映画館を作ろう!」というプロジェクト活動を行っていること、「良い映画は良い夢を育む」という思いを聞かされました。
オーエスは、その映画の持つ大きな魅力を多くの人に広めるという趣旨に、強く賛同しスクリーンの提供を決めました。
その後も、活動の推移を見守りながらサポートをして参りました。そして、これからも「World Theater Project」を応援していきたいと考えています。
活動の写真・詳細はこちら

ページトップへ

World Theater Project 始動(CATiCからのお知らせ)

2015年12月1日、CATiCはプロジェクト名を「カンボジアに映画館を作ろう!」から「World Theater Project」に変更しました。

設立以来掲げているミッションである「生まれ育った環境に関係なく、子どもたちが夢を持ち人生を切り拓ける世界をつくる」というのは今後も変わりません。
1ケ国目はカンボジア。
そして、この国での活動をしっかりと根付かせる為に、まずはバッタンバン州で元映写技師であるカンボジア人の方へのローカライズ(権限、技術委譲)を行っています。
現在は、日本人大学生の駐在員と元映写技師のカンボジア人の方たちが、農村部の子どもたちに、月に1,000人の動員ペースでクメール語に吹き替えたアニメ映画を届けています。

そして、国内では「先進国の人が映画を観たら(楽しんだら)途上国の子どもたちも映画を観られる仕組み」を目指し、映画に関するイベントを開催する「Filmeet」を運営しており、こちらでは、参加費から経費を除いたものをカンボジアの活動への寄付としています。
今後とも、WTP(CATiC)の活動をよろしくお願い致します。

NPO法人WTP代表  
教来石 小織(きょうらいせき さおり)

ページトップへ

World Theater Project(カンボジアに映画館を作ろう!)の活動

カンボジア農村部に暮らす子どもたちに、映画のチケットを贈りませんか?
ー映画で夢の種まきをー

2015年の活動

2015年の活動

ページトップへ

World Theater Projectへの活動支援

※CATiC(Create A Theater in Cambodia)は、活動の輪を広げる為、名称を2017年1月11日よりWorld Theater Project(略称WTP)として活動を継続しております。

ページトップへ

World Theater Projectの活動



ページトップへ